【アトピー改善と対策】白米と玄米の違いについて !

■アトピー改善と対策に関係する、

白米と玄米の違いについて!




こんにちは、

今日も元気にやってますか~

アトピーお役立ちサイトの東です。

今回から、「米・玄米とアトピーを治す食事方法 」について
お話しします。

では、今回も元気にお話ししますね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■アトピー改善と対策に関係する、

白米と玄米の違いについて!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●米と玄米、胚芽米の栄養価比較  


健康ブームの中で、玄米を食べる人も大分増えてきました。

特に、アトピーの方は、食事に気をつけ、玄米食を
行っている方も多いと思います。


では、アトピーをなおすために、お米の食べ方は
どうしていけばいいでしょうか?


そのことを考える前に、まず、

白米、胚芽米、玄米の栄養価の違いを見ておきたいと思います。

(白米を1とした比較) 白米   胚芽米   玄米
カルシウム        1    1.5     2    
マグネシウム       1    2.5     6.5
ナイアシン        1    3.7     14
パントテン酸       1    1.5     2.2



玄米は、体内酵素を豊富にする、ひじょうに生命力の
ある食べ物です。


上表は、アトピー体質を改善するために不可欠な、
マグネシウム、パントテン酸、ナイアシン
が含まれている量を、白米を 1 とした時の比較です。


ここからも、玄米がいかに豊富な栄養をもっているかが、
よくわかると思います。


●マグネシウムは 白米の6倍。

●ナイアシンは 14倍です。



稲の種から、もみ殻をはずしたのが「玄米」、

さらに、果皮、種皮、糊粉(ぬか)を
取り除いたのが「胚芽米」

さらに、胚芽を取り除き「胚乳」だけにしたのが
「白米」です。



以上のことから、お分かりになりましたよね。


アトピー体質を改善には、白米より胚芽米、

そして、胚芽米より玄米がいいということを!!




次は、「玄米から白米に精製する間に何が無くなるのか?」、
について具体的にお話しします。


では、次回をお楽しみに!!



※新商品(化粧品)ができましたよ!

保湿力で潤う素肌に、
そして、赤ちゃんから大人まで安心して使えます。

一度ごらんになってみてください。

初回だけ、特別価格でお届けします。

★★★「ウォータリー・モイスチャージェル」★★★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mon-specialite.com/



★★★「甘草のお風呂」はこちらから★★★
アトピー 入浴剤は、「甘草とミネラル塩のお風呂」


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ohadaikiiki.jp/

画像




★「甘草元」「八方潤金水」「ひがし紀州のだし」はこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント