【アトピー改善と対策】 砂糖を摂り過ぎるとどんな影響が・・Vol 2

こんにちは、

今日も元気にやってますか~

アトピーお役立ちサイトの東です。


今日も元気にお話ししますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■砂糖を摂り過ぎるとどんな影響が!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●砂糖 と 腸壁バリアの弱体化  

砂糖は腸内で膨張して、腸壁を傷つけて、
腸壁の「バリア能力」を低下させます。



その「バリアの能力」が低下することで、
未消化のタンパク質(ペプチド)が、
体内に侵入する状態をつくるのです。


また、カンジタ菌の問題があります。


常在菌として存在するカンジタ菌は、
通常は乳酸菌など善玉菌の働きで
抑え込まれています。


ところが、抗生物質の服用やストレスなどから
腸内細菌バランスが崩れると繁殖力を増します。


そこに、カンジタ菌の好物である
砂糖が大量に入ってくると、

さらに増殖力が増大し、

カンジタ菌が腸壁を傷つけ、

腸壁バリア機能が低下し、

アレルギー体質となります。





●低血糖症とアトピー

アトピーの人の大半は、
「低血糖症」の傾向があると言われています。



砂糖を取ると、膵臓から 「インシュリン」 
というホルモンが分泌され、
糖分を細胞に取り入れて血糖値を
下げる働きをします。


そして、過剰な砂糖摂取が続くと膵臓の働きに
狂いが生じ 「過剰な」インシュリン分泌を
始めるようになります。


これが血糖値が低下した状態の続く
 「低血糖症」 です。



そして、「低血糖症」状態は、副腎に

「コルチゾール」というホルモンを出させて

血糖値を上げることを強いますので、

今度は副腎に負荷がかかりすぎ、副腎が疲弊します。

そして、副腎の疲弊が、アトピーにつながるのです。




つまり

過剰な砂糖摂取 ⇒ インシュリンの過剰分泌 ⇒ 

低血糖症 ⇒ 副腎疲弊 ⇒ アトピー



という流れが起るということです。


(低血糖症はやがて、膵臓疲弊から
「糖尿病」 につながります。)


まだその他にもありますよ、
それは、次をお楽しみに・・・


あなたに、
全ての良きことが雪崩のように起きます。


★★★「甘草とミネラル塩のお風呂」はこちらから★★★

アトピーの改善と対策には、甘草と天然ミネラル塩だけで作った、
100%無添加の入浴パック! 「甘草(かんぞう)のお風呂」
ただいま、初回限定キャンペーン中、46%お得・送料無料!

アトピー 入浴剤 は、 「甘草とミネラル塩のお風呂」がお勧め!!

「甘草とミネラル塩のお風呂」は「お肌いきいき通販」でどうぞ・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ohadaikiiki.jp/

画像






胃腸の健全化を目指したい方は、

 ★★★「甘草元(かんぞうげんき)」★★★


健康食品 :甘草元(かんぞうげんき)
あなたの胃腸、疲れていませんか? 
毎日飲むだけで、元気な自分を取り戻したい。

胃腸の健全化には「甘草元!!」がお勧めです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/goods/kanzogen.html



シューと一吹きでお肌いきいき

 ★★★「八方潤金水」★★★


甘草エキスと天然ニガリで作った、お肌にやさしい「美肌水」!
天然原料100%の「八方潤金水(はっぽうじゅんきんすい)」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/



天然原料100%の安心な出汁(だし)なら

 ★★★「ひがし紀州のだし」★★★

アトピーの方には、「和食」がお勧めですよね。
でも、どうしたら美味しい出汁(だし)が取れるのか分からない。

そんなあなたに・・・
日本古来の鰹節、昆布、など、天然素材を生かした「だしパック」

それが、100%無添加、鰹節・ムロアジ・昆布の「ひがし紀州のだし」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/goods/dashi.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント