アトピーの原因・多く食べ過ぎている食品とは! No4

こんにちは

今日も元気にやってますか~


お肌いきいき.通販・佐太屋の東です。



では、ここから今日のお話です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アトピーの原因・多く食べ過ぎている食品:肉類
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




1、多く食べ過ぎている食品

3 肉類


肉類に関しても、良質の蛋白質と言われていますので、
「肉を食べていれば元気になる。」という考えの
人は多いのです。


肉をたくさん食べ過ぎると、

アレルギー体質になりやすいのです。



蛋白質は必要以上に取るものではないのです。


蛋白質は足りないと体が出来ないし、

体の働きが低下しますが、多すぎると排泄が大変なので、

腎臓病とか、皮膚病になる恐れが有ります。




蛋白質は体にとって異物になりアレルゲン(抗原)に
なりやすいのです。


アレルギー物質に対する抗体も蛋白質ですから、
蛋白質をたくさん摂ると抗体が増加して
アレルギーになりやすいと考えられます。


肉類、卵、乳製品、そういう動物性蛋白質が、
第一にアレルギーを作りやすいものになります。



アレルギーの病気と言いますと、

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、
蕁麻疹(じんましん)が代表ですけれど、動物性蛋白質を
多く取るとそういう病気になりやすいのです。


最近、アレルギー疾患の中でも、特にアトピー性皮膚炎が
多くなっています。



アトピー性皮膚炎がアレルギー反応だけで起こっているのか、
それとも、アレルギー反応以外のことで起こっているのか
という問題があります。



漢方医学では、アレルギーの状態は水毒がある
と考えています。


鼻炎の鼻水、アトピー性皮膚炎の浸出液。

これらは体の中に余分の水が多い状態です。



反対に、皮膚が乾燥してかさかさになる
というのもあります。

この状態は漢方で血虚と言います。



アトピー性皮膚炎には種々の症状があり、すべてこれを
アレルギー反応と考えていいのかという事があります。


例えば、アレルギーの抗体である免疫グロブリンE(IgE)の
値が上がらない人がいます。


IgEがまったく正常でもひどいアトピー性皮膚炎
というのもあります。


したがって、アレルギーのメカニズム以外のことで
アトピー性皮膚炎になることも考えられています。



チョット話しがむずしいですね?

でも、大事なお話ですよ!


あなたに、

全ての良きことが雪崩のように起きます。



★★★「甘草とミネラル塩のお風呂」はこちらから★★★

アトピーの改善と対策には、甘草と天然ミネラル塩だけで作った、
100%無添加の入浴パック! 「甘草(かんぞう)のお風呂」
ただいま、初回限定キャンペーン中、46%お得・送料無料!

アトピー 入浴剤 は、 「甘草とミネラル塩のお風呂」がお勧め!!

「甘草とミネラル塩のお風呂」は「お肌いきいき通販」でどうぞ・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ohadaikiiki.jp/

画像






胃腸の健全化を目指したい方は、

 ★★★「甘草元(かんぞうげんき)」★★★


健康食品 :甘草元(かんぞうげんき)
あなたの胃腸、疲れていませんか? 
毎日飲むだけで、元気な自分を取り戻したい。

胃腸の健全化には
 「甘草元!!」がお勧めです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/goods/kanzogen.html



シューと一吹きでお肌いきいき

 ★★★「八方潤金水」★★★


甘草エキスと天然ニガリで作った、お肌にやさしい「美肌水」!
天然原料100%の
 「八方潤金水(はっぽうじゅんきんすい)」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/



天然原料100%の安心な出汁(だし)なら

 ★★★「ひがし紀州のだし」★★★


アトピーの方には、「和食」がお勧めですよね。
でも、どうしたら美味しい出汁(だし)が取れるのか分からない。

そんなあなたに・・・
日本古来の鰹節、昆布、など、天然素材を生かした「だしパック」

それが、100%無添加、
 鰹節・ムロアジ・昆布の「ひがし紀州のだし」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sataya5050.com/shop/goods/dashi.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント